健康保険の任意継続は有利か

健康保険の任意継続は有利か

会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら、退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。
このことを任意継続と言います。

任意継続の手続きが終われば、その後2年間は任意継続被保険者として退職後も変わらず健康保険に加入し続けられます。

ただし、この制度の退職翌日からの20日間を逃してしまうと一切手続きができなくなってしまいます。その点は注意しましょう。

会社に在籍しているときは保険料の半分を会社が負担してくれていました。
しかし退職してしまい、任意継続という形で加入しているとその保険料は全額負担することになります。

実質、支払う必要のある保険料は倍になったのと同じ事になります。

一方、国民健康保険の場合は前年度の所得が基準で保険料が変動します。
つまり、働いていた時の所得が基準で保険料が決まるので割高になってしまうことがあるのです。

どちらの保険料が安くなるかを確認して、上手に安い方の健康保険を使うようにしましょう。

国民健康保険の保険料が分からない場合は、最寄りの市町村などの地方自治体に電話して確認してみると良いでしょう。

・このカテゴリーの関連記事一覧
社会保険とは雇用保険や労災保険とともに労働者たちが安心して仕事ができるように作られた保険です。 健康保険と厚生年金保険の二つが社会保険に分類されます。 健康保険・・・
社会保険の中でも健康保険は医療費などの負担をしてくれる保険です。 とくにその中でも、職場などで編成されている被用者保険に加入していない人のために用意されているの・・・
国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります(ちなみに満額で受け取るには40年だそうです)。 国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにし・・・
日本における医療保険制度は国民皆保険制度と言われ、全ての人が保険に加入する事が義務づけられています。 医療保険と言っても様々な種類があります。 民間の会社で働く・・・
会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら、退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。 このこ・・・
国民年金保険の加入は強制加入になっています。 つまり年金保険に加入するしないの選択肢は無く、必ず加入することが法律によって定められています。 しかし、現在の国民・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 社会保険・国民年金・健康保険 健康保険の任意継続は有利か