国民皆保険制度

国民皆保険制度

日本における医療保険制度は国民皆保険制度と言われ、全ての人が保険に加入する事が義務づけられています。
医療保険と言っても様々な種類があります。

民間の会社で働く人のための健康保険、公務員が対象となった共済組合、船員が加入する船員保険。

それ以外にもいくつかありますがどれにも加入していない方、つまり農業・自営などの方のために国が用意した制度として国民健康保険があります。

会社を退職した場合、別の保険に加入することになります。
退職をした翌日にはすでに会社などで加入していた保険は喪失していますので、けがや病気になってしまった場合に医療費を全て自己負担することになってしまいます。

とくに退職してから次の就職先をとくに考えていないのであれば、自分にとって有利な健康保険を探すようにしましょう。

なぜなら退職後に国民健康保険に切り替えると、前年の所得が基準で保険料が算出されるために保険料が大幅に上がってしまう場合があるからです。

そのときは退職前の会社の健康保険を維持する方法があります。
しかし、これには退職の翌日から20日以内に手続きが必要になります。

またそれ以外にも条件が課せられていることがあるので退職前にあらかじめ調べておくようにしましょう。

・このカテゴリーの関連記事一覧
社会保険とは雇用保険や労災保険とともに労働者たちが安心して仕事ができるように作られた保険です。 健康保険と厚生年金保険の二つが社会保険に分類されます。 健康保険・・・
社会保険の中でも健康保険は医療費などの負担をしてくれる保険です。 とくにその中でも、職場などで編成されている被用者保険に加入していない人のために用意されているの・・・
国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります(ちなみに満額で受け取るには40年だそうです)。 国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにし・・・
日本における医療保険制度は国民皆保険制度と言われ、全ての人が保険に加入する事が義務づけられています。 医療保険と言っても様々な種類があります。 民間の会社で働く・・・
会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら、退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。 このこ・・・
国民年金保険の加入は強制加入になっています。 つまり年金保険に加入するしないの選択肢は無く、必ず加入することが法律によって定められています。 しかし、現在の国民・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 社会保険・国民年金・健康保険 国民皆保険制度