国民年金が払えないとき

国民年金が払えないとき

国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります(ちなみに満額で受け取るには40年だそうです)。

国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにしても、国民年金を払う余裕がない人はどうしたらいいのでしょうか?

国民年金は一人13,860円です(平成18年現在)。
しかしこれが毎年280円ずつ平成29年まで引き上げられる事になっています。
これは、収入の少ない人にとっては非常に厳しい状況になってくるでしょう。

失業中ならなおさらで、国民年金保険料の負担を強いられてしまってはひとたまりもないでしょう。

ですが、このまま保険料の支払いを滞納してしまったら年金加入期間が算出されなくなってしまいます。
つまり、老後の受け取れる年金の金額が減少してしまうのです。

そこで、国民年金保険には、保険料の免除・猶予制度というものが用意されています。

しかも、免除の申請が承認されれば保険料の支払いが一定の間ですが免除されるだけでなく、将来年金を受け取るときに必要な受給資格期間にも参入してもらえるという制度です。

免除申請の承認条件は各地方自治体によって変わってきたりする場合もあるようです。
申請の際は確認をするようにしましょう。

・このカテゴリーの関連記事一覧
社会保険とは雇用保険や労災保険とともに労働者たちが安心して仕事ができるように作られた保険です。 健康保険と厚生年金保険の二つが社会保険に分類されます。 健康保険・・・
社会保険の中でも健康保険は医療費などの負担をしてくれる保険です。 とくにその中でも、職場などで編成されている被用者保険に加入していない人のために用意されているの・・・
国民年金を受給するには最低で25年は加入している必要があります(ちなみに満額で受け取るには40年だそうです)。 国民年金なんて当てにしていない人々は仕方ないにし・・・
日本における医療保険制度は国民皆保険制度と言われ、全ての人が保険に加入する事が義務づけられています。 医療保険と言っても様々な種類があります。 民間の会社で働く・・・
会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら、退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。 このこ・・・
国民年金保険の加入は強制加入になっています。 つまり年金保険に加入するしないの選択肢は無く、必ず加入することが法律によって定められています。 しかし、現在の国民・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 社会保険・国民年金・健康保険 国民年金が払えないとき