雇用保険の不正使用

雇用保険の不正使用

雇用保険の失業手当を少しでも多くもらうために、ルールや仕組みを無視し雇用保険の失業給付金を多く得ようとする人がいるようです。
しかし、これはもちろん反則です。

良くあるのが、実際にはしていない求職活動を失業認定申告書に不正に記すと言ったことや、アルバイトをしているにもかかわらず嘘の申告をし、給付を受けると言ったケースがあります。

時には定年後に就職するつもりもなく、失業手当で年金がもらえるまで食いつなごうとしているケースもあったようです。

もし、不正行為によって失業手当を受け取ったり、受け取ろうとしていた場合にはその後、失業手当を受け取ることができなくなってしまう上に、すでに受け取った分の返還を求められるケースがあります。

悪質だった場合などはさらに支給を受けた額の倍に相当する金額の納付を要求される事もあるのです。

もちろんですが、失業中でも日雇いのアルバイトなどは認められています。
その際にはちゃんとした報告をすることで雇用保険の失業手当に影響することはありません。

さらに、公共職業訓練を受けることで給付日数を増やすこともできます。
制度を正しく理解することでそれに則った給付を受けるようにしましょう。

人材派遣カンタン複数登録【ジョブリンク】



・このカテゴリーの関連記事一覧
雇用保険はかつては失業保険とも呼ばれていました。 現在では雇用保険という呼び名の方が主な呼び方になっていますが、昔の呼び名の方がしっくりくる方もいるかと思います・・・
雇用保険の失業手当を少しでも多くもらうために、ルールや仕組みを無視し雇用保険の失業給付金を多く得ようとする人がいるようです。 しかし、これはもちろん反則です。 ・・・
失業給付金の受け取れる日数がある程度残っている段階での就職をした場合には、就職手当と言う形で前倒ししていくらか受け取れる制度があります。 失業給付金は失業中にし・・・
公共職業訓練とは、ハローワークで求職を申し込んだ方を対象に再就職のための支援を目的とした職業訓練学校です。 以前は溶接、塗装といった技術に関する訓練が多かったの・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 雇用保険・失業保険 雇用保険の不正使用