学資保険の元祖、郵便局の学資保険

学資保険の元祖、郵便局の学資保険

学資保険と言えば郵便局を思い出す人が多いのではないでしょうか。
もともと学資保険を最初に始めたのは郵便局です。

もともと郵便局が始めた学資保険が、今では多くの保険会社でも扱われるようになったのです。

また、昔からの習慣から年配の方の中では郵便局というと安心というイメージがあるためか親や親戚に勧められて入っている方が多いようです。

最近では、保険の見直しがさけばれるようになり、節約術としても定着しているようです。
郵便局の学資保険から他の保険に変えたいという相談がかなりあるようです。

決して、郵便局の学資保険が悪いと言うことではないようなのですが、やはり民間に比べるとやはり満期受取金が低くなってしまうのがその理由だそうです。

とはいえ、今後の郵政公社の改革の中でより良い学資保険が販売される可能性も無いわけではないので、このまま様子を見ると言うことも構わないのではないでしょうか。

学資保険の満期は中学、高校、大学の進学時にそれぞれ設定されるようになっているのが一般的です。

さらに生命保険としての機能も付いているものがあり契約者(つまり親である貴方)が死亡した場合には保険料の支払いは免除されます。

北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント



・このカテゴリーの関連記事一覧
子供の教育費の貯蓄が目的になっている保険です。 毎月保険料を支払っていき、中学・高校・大学などの進学時に学資金を受取ることができます。 また、お子さんが亡くなっ・・・
学資保険に入る上で注意したいのは、無理をしすぎないと言うことでしょう。 何より未来のための学資保険で生活が苦しくなってしまったり、学資保険の保険料が払えないとい・・・
学資保険と言えば郵便局を思い出す人が多いのではないでしょうか。 もともと学資保険を最初に始めたのは郵便局です。 もともと郵便局が始めた学資保険が、今では多くの保・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 子供保険 学資保険の元祖、郵便局の学資保険