学資保険の落とし穴

学資保険の落とし穴

学資保険に入る上で注意したいのは、無理をしすぎないと言うことでしょう。
何より未来のための学資保険で生活が苦しくなってしまったり、学資保険の保険料が払えないといった状況になってしまっては学資保険に入る意味が無くなってしまいます。

もちろんですが、そういったことも含めてちゃんと自分の収入を考えて計画を立てましょう。

学資保険の保険料の支払い方法は様々です。
月払い、半年払い、年払いなどいろいろありますがまとめて払うというのはあまりお勧めできません。

たしかに、月払いでは返戻率は低くなってしまいます。
しかし、無理をしないでこつこつ貯めるのが学資保険の目的ですから、確実に月々1万程度からが無難ではないでしょうか。

逆に年払いをする余裕があるのなら学資保険はいらない家庭ではないでしょうか。

むしろ、返戻率にこだわるのなら投資をするか他の金融商品の方が良いのではないかと思います。

その場合は、定額タイプの生命保険で、親であるあなたが死亡したときに備えながら、余ったお金を運用するなどと言ったプランも考えることができるのではないでしょうか。

これはあくまで一例なので学資保険以外の貯蓄方法を考えるのであれば投資などのプロの方に相談してみるのが一番ではないかと思います。

北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント



・このカテゴリーの関連記事一覧
子供の教育費の貯蓄が目的になっている保険です。 毎月保険料を支払っていき、中学・高校・大学などの進学時に学資金を受取ることができます。 また、お子さんが亡くなっ・・・
学資保険に入る上で注意したいのは、無理をしすぎないと言うことでしょう。 何より未来のための学資保険で生活が苦しくなってしまったり、学資保険の保険料が払えないとい・・・
学資保険と言えば郵便局を思い出す人が多いのではないでしょうか。 もともと学資保険を最初に始めたのは郵便局です。 もともと郵便局が始めた学資保険が、今では多くの保・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 子供保険 学資保険の落とし穴