地震保険とは

地震保険とは

火災保険単体では火災に対しての保障はできても地震災害に対する保障がされません。

また、火事は火事でも地震が要因になっているものは保障がされません。
火災保険とは別にこの地震保険というものに加入する必要があります。

地震保険とは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する、地震災害専用の保険のことです。

地震保険で対象になるのは住居用建物と家財です。
いわゆる、地震の二次災害としての火事にも対応できるのが特徴で、火災保険に付帯する方式になっているために地震保険単体での加入はできないようになっています。

基本となる地震保険は、保険会社が異なっても内容は同じである一律の制度です。

地震保険というのは、実は国と民間が協力して設定しているもので保障内容は一律になっているようです。

一般家庭向けの地震保険の窓口は火災保険を取り扱っている各保険会社ですが、これらは全て日本地震再保険株式会社という会社にまとめられていて、保障内容が一律なのもこれが理由です。

つまり地震災害をカバーする保険商品は各保険会社ともに独自に扱ってはいるものの内容は共通しているもので、地震保険はある意味で国の制度にも近いものになっているのです。



・このカテゴリーの関連記事一覧
火災保険とは、火災によってもたらされた被害・損害を填補してくれるのが火災保険です。 今では火災以外にも様々な損害に対する保険が付属しているものも存在しているよう・・・
住宅金融公庫や都市基盤整備公団などから融資をうけている建物の場合は、借り入れ金の全額を返済するまでの間は、原則として特約火災保険または選択対象火災保険と呼ばれる・・・
延焼の火事にあった場合、誰の保険を使って保証することになるでしょうか。 普通に考えたら失火者が責任をとるべきでは…と思われがちです。 ですが、実はこれは通常の場・・・
火災保険単体では火災に対しての保障はできても地震災害に対する保障がされません。 また、火事は火事でも地震が要因になっているものは保障がされません。 火災保険とは・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 火災保険・地震保険 地震保険とは