火災保険と住宅ローンの関係

火災保険と住宅ローンの関係

住宅金融公庫や都市基盤整備公団などから融資をうけている建物の場合は、借り入れ金の全額を返済するまでの間は、原則として特約火災保険または選択対象火災保険と呼ばれるものに加入することになっています。

そして、火災保険に質権設定(保険事故顔北場合の保険金を受け取る優先順位)をすることが決められています。

それと注意するべきなのは特約火災保険の期間中は一般の火災保険を契約することができないと言うことでしょう。

特約火災保険とは、公庫融資を利用した人だけが加入できる火災保険です。
一般の火災保険に比べると保険料が割安なのが特徴です。

また、複数の保険会社が共同で引受をする形式のために、その中の一社でも破綻してしまった場合に保険金が削減されてしまう可能性があるのです。

もう一方の選択対象火災保険というのは、特約火災保険と同程度の保険商品だろうと住宅金融公庫などから認められている火災保険のことです。

公庫融資を利用するときに特約火災保険か選択対象火災保険を使うかを選べる形になっています。

この保険を利用する目的は、補償内容の違いと言うよりも、むしろ保険会社を選択することが主になることが多い。

つまり、特約火災保険がいくつもの保険会社が合同で成っているのに対して選択対象火災保険では一つの保険会社を選ぶ形になってくると言うことです。



・このカテゴリーの関連記事一覧
火災保険とは、火災によってもたらされた被害・損害を填補してくれるのが火災保険です。 今では火災以外にも様々な損害に対する保険が付属しているものも存在しているよう・・・
住宅金融公庫や都市基盤整備公団などから融資をうけている建物の場合は、借り入れ金の全額を返済するまでの間は、原則として特約火災保険または選択対象火災保険と呼ばれる・・・
延焼の火事にあった場合、誰の保険を使って保証することになるでしょうか。 普通に考えたら失火者が責任をとるべきでは…と思われがちです。 ですが、実はこれは通常の場・・・
火災保険単体では火災に対しての保障はできても地震災害に対する保障がされません。 また、火事は火事でも地震が要因になっているものは保障がされません。 火災保険とは・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 火災保険・地震保険 火災保険と住宅ローンの関係