火災保険とは

火災保険とは

火災保険とは、火災によってもたらされた被害・損害を填補してくれるのが火災保険です。

今では火災以外にも様々な損害に対する保険が付属しているものも存在しているようです。

現在では、火災保険=「火事になったときのための保険」というよりは家にかける保険全般を指すような言葉として使われるようになりました。

かつては火災保険と言ったら、各社横並び的な保険商品が多かったですが、今ではこういった枠組みが無くなって各社独自の商品を開発しているようです。

さらに台風の被害、地震の被害、水害などへの保証も必要に応じて特約として組み込めるのが最近の火災保険です。

ただし、地震に対しての保証というのは今でもかなり高額なタイプの保険になってしまうようですが…。

すでに火災保険は入っていれば安心というものではなく、どんな保険には言っていてどんな保証内容なのかをちゃんと考えなくてはいけない時代になっているのです。

一口に火災保険とまとめてしまうのは簡単ですが、契約内容によってカバーしている範囲や内容が大きく変わってしまうのです。

特に注意しなくてはいけないのは、火災保険だけは「地震を原因とする火災による損害」や「地震により延焼・拡大した損害」については補償されないという点です。

地震被害の補償のためには地震保険を付帯させておく必要があります。



・このカテゴリーの関連記事一覧
火災保険とは、火災によってもたらされた被害・損害を填補してくれるのが火災保険です。 今では火災以外にも様々な損害に対する保険が付属しているものも存在しているよう・・・
住宅金融公庫や都市基盤整備公団などから融資をうけている建物の場合は、借り入れ金の全額を返済するまでの間は、原則として特約火災保険または選択対象火災保険と呼ばれる・・・
延焼の火事にあった場合、誰の保険を使って保証することになるでしょうか。 普通に考えたら失火者が責任をとるべきでは…と思われがちです。 ですが、実はこれは通常の場・・・
火災保険単体では火災に対しての保障はできても地震災害に対する保障がされません。 また、火事は火事でも地震が要因になっているものは保障がされません。 火災保険とは・・・
保険比較で見直してみよう! トップにもどる
 
保険比較で見直してみよう! TOPへ 火災保険・地震保険 火災保険とは